趣味の写真と日記


by trustyou1st

NexGuide 簡単マニュアル

NexGuide 簡単マニュアル

■ 準備
 暗視野照明付きアイピース(笠井トレーディング)に純正の焦点調整リングをつける
 電源コード、コントローラ、ガイディングケーブルを赤道儀のコントローラーに取付ける

 ガイド星を視野中央に導入 ← 焦点調整をしたアイピースの十字の中心に
 Nexguideの電源を入れるとプレビューモードが立ち上がる。次の3項目のみ表示される。
EXP:露出時間(ミリ秒)
BRI:最大輝度(最大値100以下にする)上げ下げは+-ボタン
X/Y:最大輝度座標 
 Memuボタンを押し、メインメニューからCROSSを選択し、十字座標を表示する
 ガイド精度を上げるため、BRIを下げてEXP(シャッター時間)を256ms(短め)にする
 ※ EXPが256以下だとキャリブレーションもすぐに終わり、ガイドも安定する
 ※ EXPが10000以上は実用的なガイドができない
 ※ BRIは10以上100以下。100以上は露出オーバー、正常に動作しない

■ ガイド星でピント調整
 BRIを下げ、EXP(露出時間)を256ミリ秒以下にする。ZOOMレベルを2か3にし、BRI値が最大になるようにピント調整をする。位置を決めたら固定
※ ガイド中はZOOMレベルは自動で4になる

■ NexGuideの取付け位置を調整
 赤経側に赤道儀を動かし、CROSS線(横線)と平行になるように、回転させる
 RA(赤経)を動かすときは、ハンドコントローラーの◁▹でよい。

■ ガイド星ロックオン
 メニューからLOCKを選択し、ENTボタンを押すとLOCKMODEになる
 メニューからNOISEを選択し、ガイド星以外の星をできるだけ消す
 ※ LOCKモードから抜けるにはLOCKメニューからNOを選択する
 ※ 明るい星はドットが大きい
 ※ ガイド星はできるだけターゲット方向であること

■ オートガイドをスタートする
 GUIDEを選択し、さらに△▽ボタンでAUTOCALを選択
 AUTOCALからGUIDEに変ったらオートガイドがスタート
 NOISEを選択し、数値をできるだけ大きくする。ガイド星より暗い星を消す
 オートガイドの停止はGUIDEからNOを選択
 オートガイド停止後の再開はRESUMEを選択
 ※ RA,DECはガイドのスピードを示す、DEC+-はRA+-も同様に修正中を示す
 ※ LOSTしたらLOCKからやり直す
 ※ オートガイド停止後の再開はRESUMEを選択することで、最初のCALデータを使える
 ※ 新しいターゲットの場合は、AUTOCALをやり直す

■ ガイド中の操作 ガイドモード中、△▽ボタンでDEC(赤緯)、◁▹左右ボタンでRA(赤経)のアグレッシブネスを変更できる。主鏡で、ガイド星の動きを確認して調整。シーイングが良いときは初期値(最初に表示されているスピード=アグレッシブネス)でもよいが、通常はDEC、RAともに初期値×0.8、シーイングが悪いときは初期値×0.5ぐらいまで下げるとよい。この調整は星のゆらぎに反応しすぎないようにするため。
※ GUIDEメニューのRESUMEを使うと、前回のキャリブレーション値となる
※ DEC BACKメニューで赤緯軸のバックラッシュを補正できる
  バックラッシュが大きいときは、この値も大きくする。この機能はバックラッシュ時間を短縮するためにモーターを逆転する機能。△▽でバックラッシュ補正機能を調整できる。この機能は一度選択すると、維持される。架台が正確な場合や、極軸が正確な場合は”0”にする※ SWAPメニューで赤道義操作のDEC⇔RA、△▽◁▹を変えることで、赤道儀が直感的に動かせる※ CROSSメニューで十字線の表示、非表示が変えられる※ NOISEメニューでノイズを軽減できる

参考させていただいたサイト、ありがとうございました。
http://d.hatena.ne.jp/hkzk/20110131
http://pollux.naturum.ne.jp/c20115404.html
http://ameblo.jp/doesrui/entry-11116882319.html
http://blogs.yahoo.co.jp/my_manten/24820285.html
[PR]
by trustyou1st | 2014-10-26 21:26 | 機材