趣味の写真と日記


by trustyou1st

<   2009年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

手持ちHDR

K-7が我家にやってきた。発売日にカメラを買うなんてはじめての体験。気になっていたHDRを使ってみました。手持ちなんですけどね。

なんとも不思議な写真です。これがワンショットで撮れてしまう。本来は、三脚前提の機能なので手持ちは無理なんだけど、ひょっとするとちゃんと重ねてくれるかなと期待してたんだけど、そこまではやらないみたい。
e0113069_18243747.jpg


ちなみにこちらがノーマル。
e0113069_18241632.jpg


<ここまでの使用感想>
■ボディや操作性は垂涎もの
 予想通り、ボディは最高の仕上がり。これ以上のDSLRは考えられない。シャッター音もいい。K-mからの操作性の改善でしょうけど、INFOボタンがお気に入りです。カメラモードで2回押してでてくる画面で、好きな設定が簡単にできます。HDRもあるし、とても使い易い。再生モードでもカラーフィルターが簡単にかけられる。設定も楽チンですね、もうちょっと細かい設定ができればなおGOODです。ポップアップストロボがちょっとちゃっちぃのが残念といえば、残念。どうせならもうちょっと明るくて、バウンスできたら面白いのにね。
■AFが早い、迷わない
暗所では緑色のAF補助光が当たり、迷わない。コントラストの低い場所でもピントは簡単に合う。肝心のところで迷ってAF-Sでシャッターが切れず途方にくれたことも。AF-Cでも迷うもんだから、シャッターが切れてもピントが合わずってことが何度もありましたんでね。ここは、よくやったとほめてやりたい。40Dも迷う時は迷うので、K-7は体感的に40Dは超えてます。
■連写は設定次第で
 5.2コマは理論上の最高スピードのようです。楽しい設定をいくつも入れると、秒2コマなんてことにもなりかねません。速度優先の時は、補正などのチェックを外すしかないようです。あとはSDカードとの相性かな。これは、評判を確認して買いましょう。
■常用ISOは800まで
 予想の範囲内とはいえ、1600まで使えるとうれしいので、設定を見直し中。いざとなれば、PAINT.NETでノイズ消去かな。
■解像度は体感できるほどの差はない(K10Dと比べて)
 1000万画素を超えるところは、正直僕の環境では解像度はわかりません。切り出した時に、便利~って思うくらい。評価はカワセミ君を写してみてからかな。
■ダイナミックレンジの幅が広い
 これは、ハイライトコントロールやシャドウ補正、ダイナミックレンジ拡張など、ハードというよりソフトの進化のようですが、何はともあれ強い日差しの影でもつぶれない画像も写せる(作れる?)ようになりました。現像ソフトでも対応していないので◎です。現像ソフトの覆い焼きも◎。
■SDHCカード
 トラセンドの16GB、EXTREEM8GBを購入。いずれも問題なく動画も取れます。ただ、トラセンドは取り出せない!K10Dでも取り出しにくかったんだけど、強くひっぱらないと取り出せない、ここはなんとかして欲しいところ。どちらも永久保障なんだけどね。32GBを欲しいと思っているんだけど、何がいいのか物色中です。
■動画はCMOSらしい・・・・
 新幹線の社内から外を撮ったら、電柱が全部斜めになっている!カメラを横に振ると像がゆがむ。ゆっくりパンをするのが、基本のようです。AFは撮影の直前にAFボタンで押すんだけど、合うまでずっと押し続けないとだめみたい。LVと同じらしいけど、時間かかるんだよね。あらかじめ無限遠にしておくのがAFを早くするコツだそうです。ゆがみは5Dでも話題になってましたね。
■画質は腕次第
 いろいろ評判を立てる人がいるけど、画質は腕しだいだと思います。偏光フィルターなどのフィルターワークも必要でしょうね。後は天気しだい、日本の湿度は抜けが悪いので、いい天気を逃さず写真を撮りたいよね。

<今後の課題>
■星空を写してみたい
 K10Dではダークノイズや熱かぶりで結局40Dを買った理由になったので。それまではちょっとドキドキです。写りがほどほどよければよし、悪ければ5Dを検討するしかないですね。

<最後に>
 毎晩、ベッドでいじって一緒に寝てます。こんなにカメラが好きだったのかと、改めて思っています。拡大アイカップやバッテリーグリップも買っちゃいそうです。ストロボも。後は望遠レンズをどうするかですね。F AFアダプター(×1.7)を買いましたので、F2.8の50-135mm辺りか、タムロンの70-200mmは年末までに欲しいと思っています。
[PR]
by trustyou1st | 2009-06-28 18:31 | 機材

ファイト!

おまけもよくできてます。缶コーヒー30本で当たりました。
e0113069_0184646.jpg

[PR]
by trustyou1st | 2009-06-21 00:18 | モデル
K-7の高感度ノイズをフリーソフトで消せるかどうか。ネットの画像をつかって試してみた。新センサーはカラーノイズが減っているらしく、レタッチで消せることもあるようだ。

e0113069_234633.jpg


左はISO6400のオリジナル、右はPAINT.NETでノイズ除去したもの。私の写したものではないので、限定公開です。
[PR]
by trustyou1st | 2009-06-20 23:07 | 機材

K-7 ここがお勧め

まだ発売日も決まっていないけど、僕のお勧めポイントをまとめておきます。購入したい人は参考にしてください。入手後に実機でレポートする予定ですが、その際にお勧めが変わっていたらごめんなさい。

e0113069_22394098.jpg

■ 画像関係
1.ダイナミックレンジ拡張やHDR機能
 K-7はデジタルカメラの最大の弱点であるダイナミックレンジの拡張に特にこだわったカメラ。K10Dは、明暗差の大きい被写体は、とっても苦手だった。K20D、K-mと段々よくなってきたが、それなりだった。K-7ではセンサーも多少よくなっているが、HDRの誇張、標準、ダイナミックレンジ拡張、ハイライト補正などでどんな明暗差があっても、作品がシャッター押すだけで撮れる。さらに、それでもだめなら付属ソフトに覆い焼き機能がある。これだけあればフィルムにない作品作りができる。

2.ファインシャープネス
 高感度ノイズが多いんじゃないかって話が多いけど、確かに多少はノイジーに見えるかもしれませんが、ポイントはは解像感です。デジタルカメラの写真ってどこか眠いと思ったことありませんか?K20Dから搭載されたファインシャープネスは、エッジの効いたメリハリのある画像が作れます。
 人間の目は、ありのままを見ているのではなく、頭の中で見たいものを誇張しています。ファインシャープネスもそんな人間の感覚に近い。解像度よりも解像感にこだわる人にぴったり。

3.構図微調整機能
 水平が自動で修正できるのもすごいが、上下のセンサーシフトによってシフト撮影ができてしまうのは、いずれ高く評価されると思う。この機能は、次期モデルではさらに進化する予感がする。ペンタックスだけの機能である。ボディ内手ブレ防止機能と合わせ、普通のレンズで高度な撮影ができるボディは、もっと評価されていいと思う。

■ ボディ・ファインダー関係
1.最も手になじむボディ
 これは僕だけではないと思うが、フォーサーズ機は小さすぎる。軽いのはいいが、思わず手からすべり落ちそうだ。片手で撮影など想像もできない。K-7は右手だけでスイッチオンからAF、シャッターまですべてできてしまう。重量もK10DやK20Dより軽いがしっかり感は増している。グリップのホールド感は、どのデジタル一眼よりも僕の手に合う、最高の形状だ。

2.防塵防滴と金属ボディ
 エンジニアリングプラスティックを多用したボディは、どうしても安っぽさがあった。手触りは残念ながら、エンプラに近いが、ずっしり感や剛性もあってペコペコしない。長く使いたいボディだ。K-7のボディのままでファームアップは有償でもいいので、性能アップをして欲しい。
 これまでのデジタル一眼は、天気のよい日の行楽地が一番多いと思う。でも写真が撮りたくなると、夜間とか、雨ふりとか、今まで写さなかったシーンでも写したくなる。昼間は仕事があるからね。雨の夜に手持ちで街を写すなんて、手ブレ補正と高感度撮影と防塵防滴が3つそろってないと無理。K-7はそんな不可能を可能にしてくれるかもね。

3.100%の視野率のファインダー
 約100%の表現は、クレーマー対策なんだろうけど、100%視野率=見たまんま写ると思っていい。その分、ちょっと暗い感じがするけど、ピントも多少合わせやすくなっている(ただし僕の老眼では誤差範囲)。プロ機に迫る機能を持っている感じ。ストロボもついているし、十分使い勝手がいいカメラに仕上がっている。

4.オリンパスに迫るダストリダクション
 K10Dの時は、DRは言うほど効いてないとわかっていて買った。キャノンもニコンもついてなかったし。今度のは、ほぼオリンパス並みの性能だし、ぺったん棒もダストアラート機能もあり、完璧なトータルダストリダクション機能になっている。間違いなく業界No.1だ。単焦点レンズをたくさん持っていても、交換できないような場所がたくさんあったが、安心して交換できるのは、心強い。

5.静音撮影とミラーロックアップ
 シャッターとミラーのモーターが独立しているのはこれまではキャノンだけだった。EOS40Dを買った理由のひとつがミラーロックアップができることだ。LV中だけの機能だが、静音撮影のためと言われているが、実際にはシャッターブレ対策に最適な機能だ。K-7もミラーロックアップが可能だ。実際の使い勝手はわからないが、三脚に載せてもブレがわかるくらい、今のカメラは解像度が上がっている。ぜひミラーロックアップは多用したい。

■ ムービー
1.ボディ内手ブレ補正しながら動画が撮影できる
 これってかなり難しい制御のはず。AFも常時ONというのは初期ファームではできないが、いずれファームアップで実現すると思っている。残念ながらフルHDではないが、40インチ程度であれば十分きれいに見える。さらに動画から簡単にJPEGが切り出せるってことは、毎秒30コマの連写ができることになる。いずれにしても早く使ってみたいね。
2.パワーズーム端子がついている
 レンズはすでに廃盤だが、K10Dからパワーズーム端子がついているので、ムービー用のパワーズームレンズもいずれ発売される可能性が高い。もちろんSDMだ。
[PR]
by trustyou1st | 2009-06-14 22:38 | 機材

父の想い出のライラック

50年以上前のバイクが我が家にある。とはいってもスクラップとして捨てることもできなかったんだけど。このバイクは父の想い出が詰まってる。タンクに乗せてもらって走っていた子供のころ。。。乗っていることは覚えていないが、乗っていたよずっと聞かされて育ったから、思いもある。このバイク誰か要りませんか?
e0113069_2130562.jpg


注)引き取り手が見つかったので、現在はございません。
[PR]
by trustyou1st | 2009-06-14 21:31 | 我が家

庄内緑地公園のカワセミ

久しぶりのカワセミです。K-7で盛り上がったので、今回はK10Dで挑戦してみました。EOS40DにEF400mmで撮っていましたが、BORG60EDで挑戦してみました。ピントがシビアで難しいのと、ちょっと焦点距離が短いのでトリミングが必要なことが問題かな。F AFアダプターが使えれば、ピントは解決するけど、レンズが暗いから無理かもね。

e0113069_23211866.jpg

PENTAX K10D ISO800 BORG60D直焦点350mm
次は大砲の125EDで挑戦してみたい。
[PR]
by trustyou1st | 2009-06-07 23:21 | 野鳥